合気の面白さ 奥深さ

西野流呼吸法「対気」で体感した合気の状態が大東流合気柔術での合気と同じだったという話をしました。とくに合気上げのとき、もたれた両手首を相手の力と直接ぶつからずに接している所を支点にして、肘を丹田圧をつかいながら、大きく回転させて相手を重心ごと持ち上げるのですが、それが、なかなか難しくて、道場ではできても、他の場所はできなかったり、少し力を入れられるとびくともしない。という事がよくありました。

それが、韓氏意拳で挙げ手の練習をした時に、これは、合気上げと同じだと気が付きました。

この時から私の合気上げは格段によくなりました。

大東流合気柔術も意拳も一つ一つの技が丹田と肘と腰が一体となり、連動しているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする